ホーム » 知っておきたいこと » 関節痛はなぜ起こる?痛みの原因を探ろう

関節痛はなぜ起こる?痛みの原因を探ろう

読了までの目安時間:約 2分

ほとんどの人が一生で一度は経験をすると言う膝の痛み、違和感があります。スポーツなどをしている人も手首や膝、足首など若くして関節痛を訴える人も多いです。

物凄く痛みが強く、歩けないほどだったり、多少の痛みをそのまま放っておいたらしびれが出てきたという別の症状が出てくるケースもあります。軽症のうちに関節痛を緩和するようにすることがオススメです。

しかしそもそも何故関節痛は起きるのでしょうか?長時間ふくらはぎ、太ももの筋肉を酷使する仕事、スポーツを続けていると関節痛になりやすいと言います。

関節痛は高齢の人に起こる現象であると考えがちですが、実は若い人でもしっかりケアをしなければ関節の痛みを患う可能性が高いのです。

気付かないうち普段の姿勢が悪いためになるケースもありますし、慢性的に体重が偏ってかけられていて片方だけが関節痛に苛まれるケースもあります。

関節痛や神経痛には医薬品が効果効能あり

 

そんな関節痛にはコンドロイチンZS錠やコンドロパワーEX錠などの第3類医薬品が効果があると言われています。

医薬品と名前がついているだけあって、効果や効能が見込まれている薬です。サプリメントとは多少違いますね。主に関節痛や神経痛、五十肩や神経痛難聴などに効果が期待できるものもあります。

ビタミンB1やビタミンB6、B12などビタミンを多く配合している医薬品もあります。コンドロイチンを主成分にしている医薬品が多いですが、弾力性や保湿性を与えるのにコンドロイチンは効果が期待されています。

ですから慢性の痛みに辛い、悩んでいるという人はこれらの薬を利用して少しでも痛みを緩和してみましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ!
カテゴリ
最新の投稿