ホーム » 知っておきたいこと » 関節痛の痛みの悪循環を医薬品で断とう

関節痛の痛みの悪循環を医薬品で断とう

読了までの目安時間:約 2分

膝が痛い、でも腰や肩もなんだか年齢と共に痛みが増してきた・・・そんな人はいませんか?

実は痛みの悪循環というものがあります。軟骨がすり減っていくのは年齢を重ねるせいでもありますが、特に膝などの関節痛が強いという年配の方は多いです。

その膝をかばおうとして普段の生活の中であまり動きたくなくなり膝を使わなくなり、そのため筋力が落ちます。筋力が落ちると当然膝自体に負担がかかりますます痛くなります。

さらにそれをかばい、腰を痛めるという痛みの悪循環に陥ってしまうのです。悪循環に陥る前に痛みをケアしておきましょう。

そのような悪循環があることを知っているのと知らないのではなおさら違います。例えばリョウシンJV錠という錠剤がありますが、こちらはまんべんなく痛みに対処できる第3類医薬品です。医薬品だからこそ効果効能がしっかり認可されていると言えます。

膝や肩、筋肉痛や眼精疲労など関節痛までマルチに使える医薬品

 

膝や肩が痛いという人はもちろんのこと、眼精疲労や筋肉痛、肉体疲労や授乳中の疲労にも効果があるので、マルチな才能を持った医薬品なのです。

関節痛や神経痛にも効果的ですから、痛みを感じたらリョウシンJV錠という医薬品を試してみるのも良いでしょう。

特に関節痛が出やすい、サプリメントを摂りたいという人は肥満気味な人や運動不足、同じ姿勢を続けている人やO脚気味の人です。

ストレッチ運動などのトレーニングを取り入れると多少痛みも引きますから、サプリメントなどをうまく使って関節痛を緩和しましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ!
カテゴリ
最新の投稿